センター紹介
航空身体検査
航空医学研究
普及活動・情報の提供
WEB SHOP
ダウンロード
HOME > 航空医学研究 > 航空医学の概要 > 21世紀への展望

21世紀への展望

航空産業は、次世紀へ向けて着々と進歩を遂げています。
航空医学界も、遅れをとらぬよう、進歩を続けて行かなくてはなりません。

21世紀への展望イメージ画像1

  1. 航空業界
    速さ、安全、利便性、快適性、省資源、公害防止等がさらに追求されることでしょう。
    世界の機体数:1996年 11,500機 → 2016年:23,500機と予想されています。
    有用座席距離も3倍になると予想されています。
    大量輸送機:ウルトラジャンボ・エアバスAXXの開発
    超音速機:SST, HSCTの開発
  2. 航空医学界
    乗員の健康管理・航空身体検査のレベルアップ
      →身体検査マニュアルの改正、航空身体検査医の講習会の充実を考案中
    旅客の健康管理も大切な分野です
    日本宇宙航空環境医学会に「空の旅臨床分科会」が設置されました
    機内ドクターキットの再整備
    画像通信システムの開発

21世紀への展望イメージ画像2