センター紹介
航空身体検査
航空医学研究
普及活動・情報の提供
WEB SHOP
ダウンロード
HOME > 航空医学研究 > 航空医学の概要 > パイロットの環境とは・・・

パイロットの環境とは・・・

航空機乗員の健康を扱い、特に航空身体検査を行おうとするときには、これらを十分に理解していなくてはなりません

パイロットの環境とは、イメージ

 

具体的に例を挙げると

  1. 自然環境
     低圧:旅客機の場合、約0.75気圧に与圧されていますが、常にaccidentによる
        急減圧のことも考慮していなくてはなりません。
     低酸素:0.75気圧においては、酸素濃度は約30%低下します。
     低湿度:上空での機内湿度はほぼ20%です。
  2. 航空機の進歩
    加速度(衝撃的・瞬間的、持続的)、空間識失調、ワークロード、時差、騒音
  3. 個人
    渡航先での生活、睡眠、過労、不摂生、飲酒、個人生活など
    特に、飲水、日焼け、スキューバダイビングなどは、留意しなくてはなりません。

パイロットの環境とは、イメージ2